2021年02月23日

LEE MORGAN QUINTET / TAKE TWELVE



IMG_0924.jpg



LEE MORGAN QUINTET / TAKE TWELVE
JAZZLAND JLP980
JANUARY 24, 1962 N.Y.C.

LEE MORGAN (tp)
CLIFFORD JORDAN (ts)
BARRY HARRIS (p)
BOB CRANSHAW (bs)
LOUIS HAYES (ds)

SIDE 1

RAGGEDY ANN
A WALTZ FOR FRAN
LEE-SURE TIME

SIDE 2

LITTLE SPAIN
TAKE TWELVE
SECOND'S BEST




リー・モーガンといえばブルー・ノート盤に
思い至ると思うのですが他のレーベルにも
ケッコーな演奏を残しております。
なににせよ先入観はよろしくありません。

この盤ではクリフォード・ジョーダンや
バリー・ハリスの演奏も素晴らしいので
聴き応えがあります。
そして、おすすめは1966年のリイシュー盤
=ステレオ盤です。
音がとてもよく情報量が多いのです。




















posted by PUPUNOSUKE9 at 14:37| Comment(0) | きょう聴いたジャズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
商品紹介
ラベルリスト